ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

ママが笑顔になる家づくり

失敗しない家づくり

失敗しない家づくり目次

家事に育児に、そして仕事に、ママたちはいつも大忙し。
あわただしい毎日だけど、今よりもっと笑顔で過ごしたいと願うのは、自分の笑顔が家族の笑顔につながることを知っているからです。
そんなママたちの願いを助ける家づくりのポイントを、一級建築士でありご自身も「働くママ」であるこばやしりえこさんにお聞きしました。

取材協力

一級建築士 越後収納美人 主宰 こばやしりえこ
新潟県燕市(旧吉田町)生まれ。一級建築士でありながら、二人の子どもをもつ「働くママ」。子育てでの経験がきっかけで、いまでは収納アドバイザーとしても仕事の幅を広げている。家づくりからおかたづけまで、「家事らく」をめざすママたちを力強くサポートしている。
越後収納美人HP:http://shunoubijin.com/

シンプル動線の第一歩「回遊」を意識して

回遊できる間取りは、引き返す動作がないため無駄な動きとストレスを減らします。例として、「キッチン」「階段下収納」この2点にポイントをおいた回遊動線のメリットを、間取りをもとにみていきましょう!

A氏邸

玄関からキッチンにたどりつくまでに、買い込んだストック品から私物までを片付けていける間取り。「回遊できる動線」は奥さまたってのご希望だった。1階の真ん中に階段を設けたことにより、帰宅したお子さんがそのまま2階へ上がっても気配を感じることができる。階段下の収納はどこからでもアクセスできるため、各所で使うストック品や雑多なものを1か所にまとめておけてとても便利!

笑顔のポイントは「家事らく」にあり!

最近は共働きのご夫婦が増えていることもあり、家づくりのさいに「家事が楽であること」にこだわる奥さまが増えています。数あるポイントの中でもこばやしさんが特に重要だと語るのは、「1人でこもって家事をしないこと」「家事動線が複雑でなく、かつ短いこと」の2点。「忙しい中でも家族、特にお子さんの気配を感じながら家事ができる間取りは、不安や忙しさの軽減にもなりますし、なにより笑顔につながります」とこばやしさん。

「あとは動線ですね。お子さんが小さいと特にそうなのですが、働くママが一番気を取られることって〝ご飯のしたく〟なんです。お仕事が終わって、買い物をして帰ってきて、何よりもまず先に食事の準備。だからこそ、買い込んだ荷物をしまってコートやかばんなどの私物をかたづけて、食材だけを持ってキッチンにたどり着く、そこまでの動線が1本になっていると、無駄な動きがなくてとても楽なんです。そして朝はその逆。朝ご飯の支度をして、子どもと自分の身支度を整えて、かばんを持ってさあ出発!という流れが1本の動線で完結していると、忙しい朝のストレスが軽減されます」

K氏邸

キッチン後ろに1直線に並べた水回りは「バックヤード」。廊下を挟んでワンクッションをおくことにより、リビングから丸見えになるのを防いだ。キッチンまわりを回遊できるため、行き止まりがないスムーズな動線に

シンプルだからこそ、変化に対応できる家になる

これが理想、こんな生活がしたい……という願いをかなえるのも家づくりの楽しみですが、実際に住まう家族の生活スタイルとかけ離れてしまっていては意味がありません。家族構成、通勤や通学の時間、持ち物の量や種類など、これまでの生活を今一度思い起こし、「どうすればより快適になるのか」をポイントに考えていきましょう、とこばやしさんは言います。

「家を建てるときは想像しにくいかもしれませんが、お子さんの成長、進学など、家族構成や生活スタイルはどんどん変わっていくもの。ですが、購入する時の生活に合わせて間取りを作ってしまうと、その変化に家がついてこられなくなるんです。例えば、LDKのあるフロアは〝大きなワンルーム〟として考えると、計画しやすいですね。シンプルな動線によってできたシンプルな間取りは、来るべき変化に対応できるだけの〝余力〟を持っています。家族の変化に寄り添える、そんな柔軟な家づくりを目指したいですね」

アイデアひとつで、もっと便利に、快適に

玄関ドアを引き戸にする選択

買い込んだストックや重い荷物を運ばなくてはならない場合、前後へ開く扉より、左右に動く扉の方が、格段に負担を軽減できます。玄関、勝手口など、モノを運び込む頻度が多い出入り口を選んで

リビング脇に「スタディスペース」

子どもの勉強は自分の部屋で集中して。そう教えているママも、まだまだ多いのでは? 集中力は人の気配や多少の騒音の中でのほうが高まるといわれているため、リビング脇に子ども専用の「スタディスペース」を設けるケースが多くなっています

意外と忘れがちなリビング収納。「ママしか分からない」をなくし、家族みんなでおかたづけ

間取りを考える際、案外忘れがちなのがリビング収納です。帰宅した家族みんなの「ちょい置き荷物」が、リビングの脇やソファーの隅、ダイニングテーブルの上などにたまってはいませんか? 作り付けの棚やクローゼットなど共有できる収納スペースを設け、家族みんながすすんでおかたづけに参加してくれる環境を整えましょう

用途はさまざま。ママ専用のスペースを設ける

ママ専用の「プライベートスペース」を設けるのも◎。キッチンとランドリーコーナーの間に設けるなどすると、活用の幅も広がります