ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

リノベーションでかなえた憧れの住まい

失敗しない家づくり

リノベーションでかなえた憧れの住まい

三条市 N氏邸 中古住宅購入【大規模リノベーション】
古い家の質感を楽しむ、
ヴィンテージリノベーション

新築より古く落ち着いた家がリラックスできると空き家になっていた民家をリノベーション。

古いものと好きなものを自分たちのセンスでミックスして、住むほどに楽しい家が完成した。

和室4室と中廊下部分にあたる広いスペースがダイナミックな吹き抜けによってさらに伸びやかな空間に。高級床材チークを贅沢に使用したヘリンボーンの床は新しいのにアンティークのような味わい。壁と吹き抜け部分は魚沼産杉。古い梁や柱が温かい雰囲気を演出

古い民家を好みに仕上げ、経年変化を楽しむ家に

「新しい家よりも古い家の雰囲気が好きなんです」と、築65年の空き家にエイジングの味わいを楽しめるヴィンテージリノベーションを行ったNさんご夫妻。リビングを中心にしたおおらかな間取りに、奥さまが「雑誌で見てモダンな雰囲気に憧れていた」というチークのヘリンボーン張りの床をはじめ、古木やレンガ、無垢材などの異なる素材を用い、独自の空間をつくり出した。

ひときわ目を引くのがLDKの吹き抜け。「解体中に天井を抜いたら予想以上に良い空間が広がっていた」と当初のプランを変更してつくられた。既存の和室4室と中廊下スペースの間仕切り壁と天井仕上げを撤去したLDKは、贅沢な広さと開放感が魅力。さらに吹き抜けがLDKと2階をゆるやかにつなげる。程よい色合いに変化した梁や柱、長押もスタイリッシュな空間に柔らかな表情を生み出している。

一方、「古い雰囲気は好きだけど昔の造りの寒い家は嫌」と床・壁、天井は断熱材を施工し、窓は全てアルミ樹脂のペアガラスに。冬は薪ストーブ1台で全室暖かく、夏は南北に抜いた窓から風が通り、快適性も抜群だ。

「気軽に壁に釘を打つことができるし、自分たちで手を加える楽しみがあることもリノベーションの良さですね」とご主人。古くて心地の良い家はこれからも家族の思い出を紡いでいく。

玄関を外と内の2方向から。ヨーロッパから買い付けした存在感あるヴィンテージドアは造作スチールで引き戸にしている。右壁側はシューズクロークだ。床、壁、天井、シューズクロークと、ここでもさまざまな材質の木を使いつつ、色味や質感をバランス良く配した

外観は魚沼産杉板に張り替え、ご主人好みのグリーンにペイント。屋根はしっかりとした安田瓦で雨漏りもなかったため、既存のものをそのまま使用
2階個室から1階リビングの眺め。和室の仏間を薪ストーブコーナーに、床の間をテレビコーナーにした。南側の窓から光があふれる明るい縁側に奥さまの好きなグリーンが並ぶ。縁側と和室を仕切っていた鴨居の上の欄間を抜いて、光と風を通すアクセントに
北側に開口部を設けたキッチン&ダイニング。白い壁も明るさを演出する。アイランド型ステンレスキッチンは収納棚と同じ木の面材のラフな雰囲気が魅力。黒いタイルに映える、おしゃれなコーヒーコーナーの棚はご主人の手作り。床は手入れのしやすいコルク。赤でそろえたバラバラなデザインの椅子がかわいい
2階子ども室は「可変性があったほうがいい」と作り込まず、今は遊びスペースとして楽しんでいる。扉を閉めることもできるので冷暖房の効率が良い。天井や梁、壁はそのままにラーチ合板の壁で山小屋風に
木目が個性的なラーチ合板を壁と造作家具に用いた洗面脱衣所。洗面スペースと分けた化粧スペースにはハリウッド風ミラーに。天井は楢。「椅子は赤と決めています」と奥さま
「炎を見ていると安らぎます」。ご主人のお気に入りの薪ストーブコーナーは床の間を作り変えた。「薪作りに利用できる大きなガレージがあったこともこの家に決めたポイントでした」
既存の押し入れを生かし、古材を使った飾り棚とこだわりの塗装壁でパソコンスペースに。「押し入れだったと話すと驚かれます」。壁と造作家具は魚沼産杉をペイント
「使わないときはリビングから見えないようにしたい」と電子ピアノのコーナーは古材を使用した見開き扉で隠している。既存の長押と柱がゆるやかに空間を区切る
2階の寝室は「寝る場所だからベッドだけでいい」といたってシンプル。それだけに古い梁と天井の魚沼杉材、壁のラーチ合板、床のアカシア材のバランスが際立つ

Renovation Q&A

  • Q1中古物件選びでこだわった点は?
    生活環境を変えなくても良い、前の家に近い立地であること。
  • Q2リノベーションでこだわった点は?
    古い部分を生かした空間に好きなものだけを詰め込んだ。
  • Q3完成したわが家に初めて入ったとき、どんな気分でしたか?
    イメージ通りでうれしい!
  • Q4自慢したくなる、お気に入りのコーナーはどこですか?
    夫:薪ストーブ周り。
    妻:雑誌で見て憧れていたヘリンボーンの床と広いリビング。
  • Q5リノベーションをしてみて良かったと思うことは?
    DIYや壁に釘を打ったりが気兼ねなくできる。床の傷も思い出になるし、経年変化をプラスにとらえられる家ができた。
Renovation Data
家族構成 夫30代、妻30代、子ども1人
物件情報 中古住宅・一戸建て(築65年)
構造 木造軸組工法
延床面積(リフォーム前) 162.27m²(49.08坪)・1階109.28m²(33.05坪)・2階49.68m²(15.02坪)
リフォーム面積 162.27m²(49.08坪)
設計期間 約6カ月
工事期間 約6カ月
使った設備や建材 キッチン:造作キッチン、トイレ:LIXIL、浴室:TOTO サザナHS、窓:LIXILサーモスXペア、床材:アカシア無垢フローリング、壁:魚沼杉 杉板、天井:魚沼杉 杉板
リノベーション費用 約2,405万円(税別)