ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

子育て世代のリノベーション

失敗しない家づくり

子育て世代のリノベーション

新潟市 A氏邸
持ち家・一軒家/部分リノベーション
実家の2階を「新たなわが家」にリノベーション

2階の限られたスペースを間取りの工夫と自然素材使いで、木の温もりが心地良い住まいに。

それぞれの世帯の快適性や心地良さを大切にした、これからの完全別離型2世帯リノベーション。

日当たりの良い南側に窓を設け、気持ちの良い開放感をもたらしたLDK。キッチンからダイニング、リビングとまっすぐに視線が抜ける。ダイニングには抜くことができなかった柱を利用して棚を作った。天井を支えるために追加した梁も存在感があり、アクセントに。天井もフローリングも無垢のスギ。「スギのフローリングは足触りがやわらかくて気持ちがいいです」。キッチンの天井は仕上げを変えて空間を分割した

玄関を2つにして世帯を分離。
気兼ねなく暮らせる2世帯住宅に

育ち盛りの4歳の息子さんのために家を建てることを考えたAさん夫妻。築29年の実家の2階スペースが使われていなかったことから、2階のリノベーションを行った。1階に暮らす母と兄世帯の独立性を保ち、お互いを尊重しつつプライバシーを守ることを条件とした、完全分離型の2世帯住宅だ。

2階の建物の約半分はLDKにあてられ、南側の窓から光と風が入るおおらかな空間に。廊下を挟んだ北側にトイレ、洗面室、寝室をコンパクトに収め、新たに1階の吹き抜け上部に子ども部屋を2室新設した。「限られた敷地に抜けない柱がある中で、収納場所を確保するためにモノのサイズに合わせて造作家具をお願いしました」(ご主人)。内装は「ショールームを見て、家をつくるなら自然素材にしたいと思った」という2人の希望で、天井や床、扉、造作家具にも自然素材をふんだんに使用。木の感触が温かく、伸びやかな空間を実現している。

「コスト面を考えてのリノベーションでしたが新築と変わらない、快適な2世帯住宅になりました」(ご主人)。「キッチンで作業中もリビングやダイニングにいる主人や息子と会話を楽しめます。効率の良い家事動線も気に入っています」(奥さま)。

完全分離型にするために1階中央にAさん家族用の玄関を設置。1階に暮らす2人が利用する既存の玄関は右奥に
「仕事から帰ってきたとき妻と子どもは眠っているので着替えなどでうるさくしたくない」という心遣いから主寝室手前にクローゼットを独立。クローゼット右側にはご主人の仕事ウエアコーナーがあり、バッグや時計など小物の置き場所も決まっている。「朝の支度が楽になりました」
6.7畳の主寝室。部屋ギリギリの大きなダブルベッドが入るため、右のクローゼットの上部、天井近くのスペースにも収納を作った
廊下を挟んで右側にLDK、左側にトイレ、風呂、洗面室、奥に主寝室。どの扉もスギ材を使用しながら少しずつデザインを変えている。壁にはおしゃれなキーフックが
ダイニングからリビングを見たところ。パソコンコーナーはマグネットのクロスで絵やポスターを張れるのが楽しい。将来的に子どもがリビングで勉強するコーナーになる。スギを張った天井につながる吊り棚とスギのフローリングとつながるテレビ台の大きさをそろえて空間を広く見せる効果も。下の窓は子どもの危険を考えてはめ殺し窓に

シンクの高さや棚の高さは料理が好きなご主人に合わせている。親子3人でキッチンに立てるように通路幅も広くした。あえて塗装を施さずナチュラルな雰囲気に仕上げた吊り戸棚はパイン材で作った造作家具。ダイニングテーブルに面したカウンターが優れもので、扉を開けるとコンセントがあったり、調味料がピッタリ入ったり。ティッシュボックスを収める便利なコーナーはご主人のアイデア。下の棚は奥さまコレクションのミニカーが収まるサイズに。

シンプルにすっきりとまとめたトイレ。造作家具も扉も無垢スギで木の温もりに包まれる
奥さまの希望でつくった日当たりの良いサンルームは玄関上のバルコニーにつながっている
片流れ屋根にしてロフトスペースを確保した子ども部屋。「息子はもちろん、遊びに来た友達たちにも一番人気のコーナーになっています」(奥さま)
リノベーション データ
家族構成 夫30代、妻30代、長男4歳
物件情報 一戸建て(築29年)
構造 木造軸組工法
リフォーム面積 106.30m²(32.09坪)
設計期間&
工事期間
設計12カ月(中断期間含む)
工事4カ月
使った
設備や建材
キッチン:トクラス(ベリー)
トイレ:パナソニック(アラウーノ)
浴室:TOTO(サザナ)
窓:YKK AP(APW330)
床材:スギ無垢
リビング天井:スギ羽目板
リフォーム費用
概算
2,040万円

AさんへリノベーションQ&A

Q1. 新築よりリノベーションにしようと思った理由は?

予算の都合です。

Q2. リノベーションでこだわった点は?

備え付けの家具、テレビ台上の間接照明、リビング天井を木にしたこと。

Q3. 完成したわが家に初めて入ったとき、どんな気分でしたか?

長く時間をかけて打ち合わせしたことが形になり、感動しました。

Q4. 自慢したくなる、お気に入りのコーナーはどこですか?

夫:ウォークインクローゼットの自分専用スペース。

妻:キッチン、子ども部屋のロフト。

Q5. リノベーションをしてみて良かったと思うことは?

新築のようなきれいな家にできました。