ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

ここまでできる 2,500万円までの家

失敗しない家づくり

ここまでできる 2,500万円までの家

新潟市 T氏邸 2,150万円〈税別〉
木の香満ちる家
無垢の木と珪藻土に包まれて
限られた予算でもかなえられたぬくもりあふれる和の家

リビングからダイニング・キッチンの眺め。リビングから格子戸で和室につながる。ヒノキの床にスギの天井のほか、ヒノキの一枚板を使ったキッチンカウンターやダイニングテーブル、キッチンの収納棚、テレビ台収納棚もすべて無垢材を使った造作だ

自然素材にこだわり
心地よい和の住まいを実現

玄関の扉をあけるとヒノキのいい香りが漂う。「友達はみんな洋風の家を建てていましたが実家が無垢材を使った和の家でした。畳の部屋がないなんて考えられなかった」と話すご主人にとって、無垢材を使った和の家を建てることは自然なことだった。

長男の誕生をきっかけに家造りをスタートしたTさん夫妻。ビルダーのホームページを調べたり、展示場へ足を運んだりしたが、無垢材をふんだんに使った木の家を希望すると「この予算では難しい」「コストが上がります」と言われる。半ば諦めていたときに出会ったのが棟梁の瀬賀剛さん。木の家への思いを伝えると「うちは無垢材しか使いませんし、予算内で造ることができます」と返事があり、安心して任せることに決めた。

建材の問屋から直接、銘木を大量に仕入れ、コストダウンを実現していた瀬賀さんも「若いご夫婦が本物の無垢材の家を希望してくれることがうれしくて。木の良さを存分に味わえる家を造ろうと気合が入りました」と話す。

吹き抜けが伸びやかな玄関ホールから素足が心地よいヒノキの床。ダイナミックに梁を見せたスギの天井が印象的なLDKにエンジュの床柱など、銘木をぜいたくに使用した床の間をしつらえた和室。本物の木が柔らかさと和のぬくもりを生み出す。「家中が木に包まれていて香りも良く、気持ちが安らぎます」と奥さま。

吹き抜けのある玄関ホールは階段上の窓から自然光が入る明るい空間。さらに光を取り入れるために入り口は曇りガラス+引き戸に。ほのかな木の香りに開放的な空間が帰宅した家族を優しく迎えてくれる

丁寧な職人仕上げが光る
長く住み継ぎたい家

シンプルな間取りで無垢材と珪藻土の素材の良さにこだわった。和の家の雰囲気に合わせて、木の皮を剥いだ面付きの一枚板の棚にダイニングのテーブル、一部を勾配天井に仕上げたLDKの天井など、木の風合いを引き出した職人技による造作がくつろぎの住まいを演出している。

ご主人のお気に入りは贅を尽くした造作を堪能できる和室。柱を見せた真壁造りに秋田杉の腰板。床の間は落とし掛けや幕板、床柱まで趣のある天然木が美しく調和。一方、天井はあっさりとしたべニアでオリジナルの埋め込み式照明を引き立てる。随所にバランスよく配された和の家ならではの職人技を見ることができる。

「建設中は2人で現場へ足を運んで作業を見るのが楽しみでした。カンナで木を削るところも初めて見ましたし、左官職人さんが伝統的な工法で壁を塗る手仕事にも感動。手間暇惜しまず丁寧に造ってもらった家なので大事にしたいという気持ちも強まりました」とご主人。
奥さまはリビングのソファに座って勾配天井を、ご主人は和室に寝転がってさまざまな木の表情を眺めているときが至福の時間という。「子どもが小さいうちに家を建てられてよかったです。いい家を建ててもらったので長く住み継ぎたい。成長した子どもたちにも、いい家と思ってもらえたらうれしいですね」

奥さまのリクエストで天井の一部を勾配天井に。梁がダイナミックな天井がリビングとダイニングをゆるやかに仕切る
存在感のある造作の下駄箱は秋田杉の木目が美しい浮造(うづくり)仕上げ。「予想以上に立派な下駄箱でびっくりしました」(ご主人)
2階の廊下に本棚をリクエスト。ここで寝転がって本を読んでも気持ちいい
吸湿性・放湿性に優れる珪藻土の壁。絶妙な凸凹があり「夜になると陰影が出て、とても雰囲気が良いです」
余った床のヒノキを2階トイレに
1階のウォークインクローゼットは衣類の収納に最適な防虫性・防湿性の高いキリを使用
和が好きなTさん夫妻。寝るときは、もちろん布団。2階寝室の天井はパイン材。床はパインと畳を組み合わせて。左奥はサンルーム
棟梁がコレクションしていた銘木を使い、ぜいたくに仕上げた床の間。節句の飾りや季節の花、陶器などを飾れば和の風情あふれる空間を演出する。棟梁も「和室を作るならぜひ床の間を」と話す。和室の腰板は秋田杉。はめ込み照明は和室の雰囲気に合わせて造作した
ブラウンと白の外観に、玄関の木製ドアと同じ色合いに塗装した外部収納のヒバの扉がアクセント。ヒバは雨が当たっても長持ちする素材。使用目的に合った木を提案してもらった
T氏邸 House data
建物本体価格
(税別)
2,150万円
家族構成 夫婦+子ども1人
敷地面積 160.96m²(48.69坪)
延床面積 134.15m²(40.58坪)/1階77.84m²(23.55坪)/2階56.31m²(17.03坪)
施工年月 2016年8月
工法 木造在来工法
基礎 布基礎
断熱材 外断熱工法(ネオマホーム)
屋根 三州瓦
外壁 不燃材
ヒノキ
珪藻土、クロス
天井 杉材、クロス
設備 キッチン・バス:トクラス/トイレ:リクシル
開口部 窓・ドア:リクシル