ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

ここまでできる 2,500万円までの家

失敗しない家づくり

ここまでできる 2,500万円までの家

燕市 A氏邸 2,180万円〈税別〉
動線が巧みな家
家族の明るい笑い声が家中を駆け巡る風通しのいい「回遊」の家

パインの無垢材を敷き詰めたリビング。「木をたくさん使った家」もまた、家造りの当初からAさん夫妻の希望だった。吸放湿性のある塗り壁と無垢材で、1年中気持ちよく過ごせる

家事の負担を減らす設計
キッチンから家族を見守る

子育てをしながらフルタイムで働くAさんの奥さま。家造りにあたっての希望は「家事がしやすい家」だった。そこでキッチン背後にサンルームを兼ねた洗面脱衣室を設置。調理中でも洗濯→干す→アイロンがけ→片付けるという一連の作業がここで完結する。「毎日の家事が楽になりました」と奥さまは話す。

2階への階段と収納・飾り棚部分の「島」を中心に、玄関からキッチンとリビングの間が行き止まりにならず「回遊」できる。収納には日常使う雑貨類を片付け、飾り棚のコルクボードの壁には、子どもの保育園のプリントなどを張っている。どちらも来客がリビングに入る際には見えない。

キッチンカウンターは「子どもが将来ここで勉強できるように」と作ったもの。キッチンに立って作業しながら、子どもや家族を見守りたいという願いを形にした。

ロールカーテンで仕切れる畳スペースは子どもの遊び場にもなり、ごろりと昼寝をするのにもぴったり。親が遊びにきた際にはゲストルームとして使える。

広々とした玄関の横には洗面スペース。帰宅してすぐに手を洗える
階段をリビングに設置したのは「成長した子どもが外から帰って来て2階の自室に行く時、必ず家族の目の前を通ってほしいから」と奥さまは話す。階段と隣接する飾り棚と収納部分は来客から見えない。キッチンから玄関、リビングと回遊できる
キッチン背後のランドリースペース。洗濯から片付けまで、一連の家事がスムーズに段取りよくできる。作業に便利な造作の家事カウンターは「引き出しの取っ手もかわいい」と奥さまのお気に入りだ
フラットにしたので広く見える畳スペースは押し入れ付き。「子どもはここで遊ぶのが大好き」とご主人

「2人の書斎」スペースを設け
趣味のアイテムを並べて

Aさん夫妻は大のコミック好き。寝室の一角を区切って「2人の書斎」にし、それぞれがコレクションしたアイテムや蔵書、DVDやCDを並べた。「子どもがもう少し大きくなったら、ここで落ち着いて過ごす時間も増えると期待しています」とご主人。

寝室の一角に設けた書斎スペース。区切ったのは「コミック類は背表紙がカラフルなので、気持ちを穏やかにしたい就寝時には見えないようにしました」と奥さま

暮らし始めて1年。「嫌なところは一つもない。『こうすれば良かった』という後悔もありませんね」とご主人は笑顔で話す。「自分たちの希望が形になり、本当にうれしい。無垢材のフローリングは心地よいし、風合いのある壁も気に入っています」と奥さまもうれしそう。何より、以前のアパートで冬場に悩まされた結露がないことに驚いたという。

今後は南側にウッドデッキを計画中。リビング、キッチン、サンルームの3カ所から出入りできるようになれば、「回遊」範囲も大きく広がる。家族の元気な笑い声も敷地内を駆け巡りそうだ。

階段の吹き抜け部分にはシーリングファン。おしゃれなだけでなく、冷暖房効率も上げる。またビルダーの提案で階段ホールをあえて広くとったので、各部屋の荷物が出し入れしやすい。子ども部屋と夫婦の寝室、トイレ、納戸につながっている
銅板の屋根の黒、焼杉の茶、塗り壁の白のコントラストで落ち着いた雰囲気を醸し出す。Aさん夫妻も大満足の外観
A氏邸 House data
建物本体価格
(税別)
2,180万円
家族構成 夫婦+子ども1人
敷地面積 194.58m²(58.86坪)
延床面積 117.58m²(35.57坪)/1階61.27m²(18.53坪)/2階56.31m²(17.03坪)
施工年月 2017年3月
工法 木造軸組工法
基礎 ベタ基礎
断熱材 外壁:ウッドファイバーLD-B t=100mm/屋根:ウレタンフォーム吹付け
屋根 カラーGL鋼板長尺横葺き
外壁 焼杉縦張り 一部弾性系塗り壁テラコート
無垢フローリング(パイン)
壁・天井 塗り壁 オンザウォールファイバー
設備 キッチン:トクラスシステムキッチン 調理器ラジエントヒーター/バス:トクラス システムバス/トイレ:パナソニック
開口部 窓:YKK apw 樹脂サッシ/ドア:YKK