ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

キッチンを暮らしの中心に

失敗しない家づくり

キッチンを暮らしの中心に

阿賀野市 S氏邸「昭和感」を演出した台所は家族の笑顔が集う幸せの場所

部屋の真ん中に大きなダイニングテーブルが置かれ、キッチンと作業台がゆったりと配されたLDK。「外食はほとんどしません。家できちんと料理を作って、皆で一緒に食べるのが基本。家ご飯が最高です」とご主人が語るように、S家の生活の中心はこのキッチンにある。
家での時間の9割はキッチンにいるという奥さまと、以前は餅菓子職人だったというご主人は、2人で料理をすることもしばしば。「子どもも小さいうちから一緒に料理をさせたいと思っているので、広さはほしかったですね。『和』が好きという点は2人で一致していて、キッチンは昭和の台所を意識しました」
キッチン自体は性能を重視して選び、メンテナンスのしやすさでオールステンレスをチョイス。背の高いご主人に合わせ、高さを90センチにオーダーした。絶対にほしかったというのが大きな作業台。こちらもステンレスの天板だ。コンロはガスをセレクト。これらはご主人が使い慣れていた業務用のガスコンロを置くためにも必要だった。奥さまは「業務用コンロは主人が豆を煮たりするときに使います。5人家族なので麺を大量にゆでるときも活躍しそうだなと思っています」と話す。キッチン横の窓の外にはデッキがあり、「ガスコンロを引いてBBQをするのが楽しみ」とご主人も笑顔だ。「朝は小学一年と幼稚園の娘たちがご飯をよそって、お茶を入れてくれます」と奥さま。Sさん一家の優しい時が紡がれていく温かな台所だ。

01 2人並んでもゆったり

作業台はビルダーにオーダーして作ってもらったもので、システムキッチンと同じ高さ90センチ。キッチンと作業台の間も十分な幅を取ってある。夫婦で料理をしていても余裕があって、動きやすいそうだ。

キッチンも壁も全てステンレスにしたのは、掃除のしやすさから。作業台は熱い鍋も気兼ねなく置けるほか、パン生地も直接天板で練るなど、とても使いやすい
作業台のLDK側は引き出し式収納で、タオルやコップなどを入れている
ご主人こだわりの業務用ガスコンロ。年末に黒豆を煮て、職場に配るのが恒例行事
レンジフードは2個付けでパワーを確保

02 大容量の収納でキッチンすっきり

LD側からは見えないところに、収納スペースがたっぷり。玄関から直結の土間パントリーもあるので、荷物がキッチンを占領することがない。

作業台のキッチン側には、ゴミ箱などが収納されている。システムキッチンの工夫された収納に、ショールームで驚いたそうだ。土間パントリーには大きな鍋や、野菜、買い置き食材などを保管。玄関から直接パントリー、キッチンへと上がれる動線が、とても便利。

03 昭和の雰囲気を醸し出す造作

天井の梁、家具や飾り棚など、室内の造作はこげ茶色で統一。希望通りの落ち着きがあり、なおかつ温かみのある空間に仕上がった。

食器棚もイメージに合うものを購入。キッチンから玄関の雰囲気が分かるように小窓を設置
パントリーと仕切る家紋入りのれんも空間にマッチ
キッチンの上は見せる飾り棚に
S氏邸 House data
家族構成 30代夫婦+子ども3人
敷地面積 245.04m²(74.12坪)
延床面積
(リフォーム前)
143.56m²(43.43坪)
1階:78.49m²(23.74坪)
2階:65.07m²(19.68坪)
LDK面積 31.39m²(9.50坪)
竣工年月 2018年1月
設計期間 3カ月
工事期間 5カ月
キッチンメーカー名 クリナップ
キッチン価格 116万円
(税別、コンロ・レンジフード・水栓など設備機器込み、諸費用別途)
キッチン全体サイズ 間口303.6cm×高さ90cm×奥行き65cm
キッチン素材・仕上げ 天板:ステンレス 本体:ステンレス
キッチン設備 食洗機:なし
コンロ:ガス(リンナイ)
レンジフード:クリナップ