ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

資料請求(無料)

資料請求する

新潟日報モア

家づくりのノウハウ - 失敗しない家づくり

女性目線で提案 新潟の「共働き」「子育て世代」の家づくり

失敗しない家づくり

子どもと暮らす家目次

女性建築士と建てる家

ほどよくつながる距離感
2世帯のふれあいを大切に

秋葉区の閑静な住宅街に建つT氏邸は、2人のお子さまをもつT夫妻と、奥さまのご両親が同居する2世帯住宅だ。「長女なので、いずれは両親の面倒をみてあげたいという気持ちがありました」と話す奥さまは、保育園に通う娘を育てながらフルタイムで働くワーキングマザー。忙しくも、毎日が充実しているという奥さまを中心に、お母さまとお嬢さまたちの笑顔が絶えないご家族だ。

このT氏邸の設計を担当したのが、人見美奈子さん。家族に女性が多いこと、家づくりを主導したのが奥さまとお母さまの2人であることから、人見さんは「主婦目線の暮らしやすさ」と「2世帯が気兼ねなく、くつろいで過ごせる空間」をコンセプトに、間取りを詰めていった。

「使いやすい家事動線とたっぷりの収納を」という奥さまの希望を受けて、1階のキッチンから洗濯室、浴室、洗面室という水回りは、廊下に出なくても済むようにひとつながりに。収納は、1階・2階に設けられたウォークインクローゼットのほか、部屋ごとにも細かな収納スペースを用意。「建てた後で後悔があってはいけない」と、棚ひとつにしても、何を入れるか、高さや仕切りはどうするか、念入りにヒアリングを重ね、不要な部分をできるだけ排除して、暮らしに必要な部分を小さくまとめる工夫に満ちた家が完成した。「住んでいて、とても落ち着きます。動線はもちろん、細かい点まで丁寧に考えていただいたので、不満はひとつもないですね」と奥さま。

端正でシャープな印象の外観とは対照的に、玄関ドアを開ければ、間接照明のやわらかな光に包まれたホール。ここにアクセントを添えるのが、亀の甲羅を模した亀甲加工が施された床材だ。〝侘び・寂び〟にも通じる、さりげなさの中に趣や格調を秘めた意匠が心憎い。

さらに進めば、木とクロスの調和が見事なリビングへ。和風でありながらモダン。そのコントラストの妙こそ、人見さんが大切にする「和魂洋才」の精神だ。和と洋という異なるテイストが共鳴し合って織り成す心地よい空間は、世代の異なる大家族の暮らしをも包み込む包容力にあふれている。

窓から庭木の緑も楽しめる、ダイニングに設けられたカウンター。パソコンをしたり、子どもたちが絵本を読んだり、お絵描きをしたり。小学校に上がったら、リビングデスクとして宿題に取組む姿も見られそうだ
リビングから続くモダンな印象の和室には、大きな丸窓が存在感を放つ。外の景色を鮮やかに切り取るとともに、光を取り込み、茶室のような趣と癒やしを与えてくれる
玄関のホールと仏壇前には、文字通り亀の甲羅に似た表情を持ち、素朴な味わいと温かさを感じさせる亀甲加工を施した床材を使用。モデルハウスで一目ぼれした奥さまのたっての希望とか

お互いに気兼ねなく
リラックスできる工夫が随所に

2階は子世帯のスペース。リビングの一角には、キッチンスペースが設けられ、独立性を確保。ナラの無垢材を使った床は、子どもたちが裸足で駆け回れる気持ちよさだ。掃き出し窓の外には、大きなバルコニーも

片流れの屋根はガルバリウム、外壁は3種類の外壁材を組み合わせたシャープなデザインの外観。2台分のガレージの屋上はバルコニーに
料理が趣味というお父さまのために、2人でキッチンに立ってもぶつからないスペースを確保。食器棚や食品庫など収納も十分
玄関の横に設けられたシューズクローク。家族みんなの靴がたっぷり収納できるほか、土間続きなので外遊びのおもちゃや掃除用具などもすっきり片づく。ウォークスルータイプなので、シューズクロークから直接家の中に上がれるのも便利
2階にもシャワー室が設けられている。朝が早いTさんが、気兼ねなくシャワーを浴びて出勤できるようにという配慮とか
家族みんなの洗濯物が十分に干せる広いスペースのサンルームには、明るい光が差し込む
Our partner

効率の良い家事動線がポイントです!

エム・スタジオ 二級建築士/インテリアコーディネーター 人見 美奈子さん

設計をする際に重視するのは、まず家事動線です。水回りの動線は廊下に出なくても回れるように。また、玄関からトイレのドアが見えないようにする、洗面脱衣室を広めに取る、といったことにもこだわります。プライバシーの確保という点では、子ども部屋と夫婦の寝室を隣り合わせない。隣り合ってしまう場合には、間にクローゼットなどの空間をはさみます。2世帯住宅では、1階・2階で寝室の位置が重ならないように配慮しています。

【1】【2】親世帯の居住スペースは1階に

【1】1階に設けられた親世帯の居住スペース。洋室にはベッドを置き、寝室に。その奥には、収納力たっぷりのウォークインクローゼットも
【2】洋室に隣接する4畳の和室。縦長の空間は、落ち着いたトーンでまとめられ、シンプルで上品な印象に。奥の吊り押し入れの下には間接照明を設置。やわらかな光がこぼれる

【3】【4】【5】毎日の家事もラクラク!

【3】脱衣室から洗濯室、食品庫、キッチン、ダイニングへと一直線で結ばれた使い勝手のよい家事動線。脱衣室と洗濯室を分けることで、入浴中でも気兼ねなく洗濯ができる
【4】料理好きなお父さまがキッチンに立つことも多いとか。2人一緒に作業をしてもぶつからない広いスペースに。キッチンの隣は食品庫で勝手口を設けた
【5】2台分のインナーガレージから雨に濡れず家に入ることができる。ガレージからも玄関からもすぐのところに洗面室があり、外から帰ってすぐに手洗いができ、とても便利だ

【6】大きな丸窓がオシャレ和モダンな和室

リビングから続く和室は、大きな丸窓が設けられ、和モダンな雰囲気。掃き出し窓のプリーツスクリーンは外からの視線を隠せるように配慮

【7】【8】子世帯スペースも随所に工夫が

2階は子世帯の居住スペース。階段を中心に各部屋が配置されている。注目は廊下から寝室へ通り抜けできるウォークインクローゼット。収納力抜群で、コートや鞄を置いてから寝室へ向かう動線は無駄がない

【9】将来、仕切ることが可能な子ども部屋

明るいカラーで統一された子ども部屋は、将来的に2部屋に仕切ることが可能。さらに隣には、もう一部屋も用意され、合計三つの子ども部屋が確保されている

【10】便利な小屋裏収納も

2階の上には、屋根裏スペースを利用した小屋裏収納も。季節の物など、普段使わない物を片付けるのに便利

House Date
家族構成 夫婦(50代)+若夫婦(20代)+子ども2人
竣工年月 2014年10月
敷地面積 256.90m²(77.71坪)
延床面積 230.20m²(69.63坪)/1F:138.29m²(41.83坪)/2F:91.91m²(27.80坪)
小屋裏収納 11.80m²(3.57坪)
設計期間 2013年11月~
工事期間 2014年6月~2014年10月
外装仕上 屋根:ガルバリウム鋼板/外壁:金属サイディング、窯業サイディング
内装仕上 1階床:アッシュ、ヨーロピアンオーク、ナラ/2階床:ナラ、壁:ビニールクロス/天井:ビニールクロス
設備 キッチン:クリナップ/トイレ:TOTO/バス:TOTO/玄関ドア:YKK AP/窓:YKK AP